中小企業にメリットの多い勤怠管理クラウド

勤怠管理クラウドは勤怠管理システムをクラウド上で実現するものであり、その構成や特性から従業員数の少ない中小企業の利用において大きなメリットがあると言われています。

従来の勤怠管理システムは自社でサーバーを購入し運用しなければならないことから、初期導入コストが掛かるため、従業員数の少ない中小企業に於いてはその導入効果が現れるまで数年かかる場合も少なく有りませんでした。

All About情報について詳しく解説しております。

さらに、サーバーを運用するためには運用管理者も必要となるため、その管理者の工数も必要になってしまうことから導入効果が上りにくいものとなっていました。



その為、従来の勤怠管理システムは従業員数の多い企業にとっては高い効果が望めますが、従業員数の少ない中小企業にとってはなかなか導入効果が見込めないばかりでなく、逆に運用の手間が業務を圧迫するという結果になっていることも少なく有りませんでした。



勤怠管理クラウドはシステム管理や運用は全てクラウド管理会社側で行うため、利用する企業はシステム管理や運用から解放され業務に集中できるほか、料金体系も従業員数によるライセンス形態のものが多いため、従業員数が少ないほど費用が掛からないということになります。


これは従業員数の少ない中小企業にとっては大きなメリットとなるものです。

但し、勤怠管理クラウドは運用管理をクラウド管理会社側で行うため急な変更や追加には対法できないこと、さらには料金体系がユーザー数に応じて増えるものであるため、利用ユーザー数が増えていくとやがて自社で運用する方が効率的になるため、その見極めを誤らずに利用することが大切です。