勤怠管理クラウドの導入におけるメリットと注意点とは

勤怠管理システムは、従業員がシステムにインプットをし、上司となる管理監督者や労務担当者、給与担当者にアウトプットされることで活用されます。主流となっているシステムは、オンプレ型と呼ばれる、企業等が情報システムを自社で保有する形態となりますが、最近では、勤怠管理クラウドによる方法も取り入れられています。

勤怠管理クラウドとは、インターネット上に情報システムを置く形態のことを指し、ここでは、全ての操作はネットを経由して行うことになります。



勤怠管理クラウドのメリットとしては、まず、大きなものとして、システムの運用に必要なサーバーやネットワーク機器などが不要となる点があります。

必要となる設備はクラウドサービス事業者が設けており、そのために、オンプレ型で見られる、機器の購入や配置、システム開発などの初期費用を圧縮することが可能となります。


次に、既存のシステムを利用することになるため開発期間が必要ないことがあります。

そのためにオンプレ型と比べて、大幅に短い期間で勤怠管理システムを稼働することができるようになります。活用する場合の注意点としては、コスト面を上げることができます。

従業員が数十人から数百人程度であればコストを抑えることができますが、従業員が多いなど規模が大きな企業の場合にはコストがかかってしまう可能性があります。



その理由としては、一般的に、オンプレ型が利用者が多くなるにつれて1人あたりのコストが低下するのに対し、クラウド型の場合には、利用者の人数に比例して課金額が高くなることがあります。

また、カスタマイズ性に関しても、クラウド型の場合には低い場合があり、活用をする場合には、どのような機能が設けられているのかを確認をした上で判断をする必要があります。

本当のNAVERまとめの情報を集めました。