• 正月に欠かせないおせちとは何か、そして料理について

    日本の方なら誰もが知っている「おせち」は正月に食べる料理で、一年の始まりのお祝いを兼ねています。
    料理の起源となったのは弥生時代とも言われており、作物など自然の恵みを頂くため神様に感謝し、供えたことが始まりです。

    現在では多くの家庭でおせちを食べるようになっており、日本文化の一つともなっています。

    気軽におせちのココだけの話をしましょう。

    おせち料理は通常、重箱に詰めて子孫繁栄や長寿、健康、幸福など様々な意味合いを込めてお祝いします。現在では二段から五段の重箱に料理を詰めてお祝いするのですが、正式な重箱の段数は四段です。一段目は祝いの肴や口取り、二段目は焼き物、三段目は酢の物、四段目は煮物を詰めるのが正式です。
    料理の品数は地域によってばらつきがありますが、全部あわせると20種類から30種類あります。そして、すべての料理に、おめでたい意味合いから、いわれが込められていますが、その中で誰もが知っている料理の一つに恵比寿様がもつ鯛料理があり、語呂合わせにもなっている理由で必ず使われる素材となっています。
    おせち料理は一昔前までは、家庭で作られるのが当たり前でしたが、現代では様々な場所で購入することが可能です。
    共働きが増えた理由や年末は忙しく料理まで手が回らない、美味しく作るのが難しいなどの理由によって、購入する家庭が増えたのも事実です。



    購入先には、スーパーやデパート、レストラン、ホテルなどがあり、時間を問わず注文から受け取りまでできるコンビニも多くの方が利用されています。どこのおせち料理も、味にこだわりをもっているので、忙しい方は購入を検討してみるのも得策です。