社員管理に欠かせない勤怠システム

かつては社員の勤怠管理を行うために、多くの職場でタイムカードが使われていました。


タイムカードは専用のシステムの構築などが不要なため、専用の印字機とカードがあれば運用することができ、社員が増えた場合も専用のカードを渡して印字してもらうだけで、すぐに勤怠管理が行えるという利点がありました。
現在ではこうした方法以外にも、さまざまな管理方法が使われるようになりました。

勤怠システムとして代表的なものとしては、IDカードによる勤怠管理が挙げられます。


これは個々の社員が所持しているIDカードを専用のリーダーにかざすことで、出社・退社、途中退出などの履歴を管理することができます。
こうした履歴はデータとして取り込むことができるため、給与計算などを行う際にも、データをそのまま活用することができます。
ただし新しく社員が加わる場合には、システムへの登録が必要になるなど、事前の準備が必要になることがほとんどです。



勤怠システムが導入されることで、本人の申告ではなく、公平に社員の勤務状況を把握することができます。

人気のあるジョルダンニュース!情報探しならこちらをご確認下さい。

また社員の評価を行う際には、こうした勤怠の状況を精査することにより、社内のルールを守って働いているかどうかもわかります。

さまざまな方法により運用されている勤怠システムですが、社員の勤怠管理の状況を把握するのと同時に、賃金計算のための情報も収集することができるため、今後も多くの組織で使われていくことでしょう。

勤怠システムの喜びの声を頂いています。